×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

所得補償保険 比較

所得補償保険比較記事一覧

日立キャピタル損保 「リビングエール」 の特徴・評判 | 所得補償保険ガイド

日立キャピタル損害保険の「リビングエール(長期就業不能所得保障保険)は、保険期間が5年間の更新型で、最長満60歳まで保険金を受け取ることができる所得補償保険です。働くことができない状態なら(就業不能であると医師から判定されたら)、入院中だけでなく自宅療養中も補償を受けられます。リビングエールは、契約...

≫続きを読む

ライフネット生命 「働く人への保険」 の特徴・評判 | 所得補償保険ガイド

ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険」は、契約してから保険料がずっと変わらずに、就業不能状態であれば満65歳まで就業不能給付金を受け取ることができます。就業不能給付金は最高月額50万円まで設定可能(支払限度金額は保険期間を通じて通算1億円まで)。ただし、就業不能状態となってから最初の180...

≫続きを読む

「リビングエール」と「働く人への保険」の比較 | 所得補償保険ガイド

所得補償保険の中でも、日立キャピタル損保の「リビングエール」とライフネット生命の「働く人への保険」が人気です。2012年現在、我が国で販売されている所得補償保険は、ほとんどが保険金を受け取れる期間が、就業不能になってから最長2年なのに対し、この2商品はそれぞれ60歳と65歳まで保険金が支払われる長期...

≫続きを読む

アメリカンホーム保険 「お給料保険」 の特徴・評判 | 所得補償保険ガイド

アメリカンホーム保険会社の所得補償保険「お給料保険」は、病気やケガによる入院期間中、毎月6〜15万円の所得補償保険金を受け取ることができます。補償対象者がケガまたは病気によって入院し、7日間の免責期間を超えて就業不能となった場合、その翌日以降の入院期間1か月につき保険金が支払われます。ただし、補償の...

≫続きを読む